カラートリートメントでの白髪染め、アレルギーがある人も使える?

アレルギーがあると、市販カラー剤が使えません。

こういう時もカラートリートメントが便利です。

★Check!–>白髪カラートリートメントが熱い

・アレルギーにも安心

白髪を染めたくてもアレルギーがあると、市販カラー剤は刺激が強くて使えません。

外出前に使うと白髪を隠せるヘアマスカラも便利ですが、シャンプーすると落ちてしまいます。

こういう場合は無添加で髪と地肌に刺激を与えない、カラートリートメントを使ってみてください。

中には添加物を使用している物もありますが、ネットでしか購入できないカラートリートメントは、無添加の物が多く、髪や頭皮への負担を軽減できます。

・無添加で染まるの?

ここで気になるのが無添加だと優しすぎてきちんと白髪が染まらないのでは?というところです。

カラートリートメントにも種類はありますから、1度の使用では完全に白髪が染まらない物もありますが、無添加でも植物性の染料を使う事で綺麗に染まります。

羅臼昆布やヒアルロン酸、ケラチンなど髪に必要な美容成分を配合している物がおすすめです。

ヘナも髪にやさしく白髪染めができますが、カラートリートメントなら仕上がりも人毛テストの色とほとんど変わりません。

・まとめ

カラートリートメントにも種類はいろいろありますから、アレルギーがある人は100%無添加の物を選ぶと安心です。

継続使用をすれば、市販のカラー剤と変わらない仕上がりを維持できます。

部分的な白髪にも、全体的な白髪にも両方使えますし、美容院で染めるよりコスパもいいです。